パキスタン洪水でのGEA

  • pakistansel-001
  • pakistansel-002
  • pakistansel-003
  • pakistansel-004
  • pakistansel-005
  • pakistansel-006
  • pakistansel-007
  • pakistansel-008
  • pakistansel-009
  • pakistansel-010
  • pakistansel-011
  • pakistansel-012
  • pakistansel-013
  • pakistansel-014
  • pakistansel-015
  • pakistansel-016
  • pakistansel-017
  • pakistansel-018
  • pakistansel-019
  • pakistansel-020
  • pakistansel-021
  • pakistansel

201096
GEA
パキスタン洪水災害捜索救助及び人道支援作戦

2010828日~201095

わがチームは7月26日に始まり8月まで続いた洪水災害を監視し、また被災地からの要求リストを取得、パキスタン政府及び国連の招致及び招待を受けて8月23日に救援物資の準備を開始しました。

2010828
医師4名、健康管理事務員4名、後方支援及び救助チーム計15名から構成されたGEAチームは18:45にトルコ航空イスタンブル-カラチTK708便にてパキスタンへ向けて出発しました。

わがチームは飲料水1200万リットル、150万リットルの水の浄化が可能な塩素タブレット14万粒、1日10トンの水の浄化に対応する浄水器3機、現地での医療ニーズに対応し、1万1000人の治療が可能な医薬品及び医療物資、1万2000人の子供たちに提供するおもちゃとキャンディを被災地に届けました。

2010829
15名のメンバーで構成されるチームが現地時間午前03:00時にカラチ空港に到着しました。シンド地区での全支援作戦の調整を行うパキスタン海軍司令官のサポートを受け、医療支援や浄水、救助作戦へのサポートを提供するため、タッター地区付近で甚大な影響を受けた都市マクリに到着しました。

わがチームは約20万人の人々が家を失った地域にて建設の開始されたテント村に到着し、村での主要キャンプセンターを確立しつつ直ちに病院の建設を開始しました。(N24’43 E67’53)。

2010830
チームは病院の建設されたテント村にて医師及び医療スタッフの8名で患者の診断及び治療に当たりました。初日には合計754名の患者が治療を受けました。現地での病気の大部分は皮膚感染や上下気道感染、急性下痢によるものでした。

インダス川の東西支流25kmに影響を与えた洪水により、川に隣接していない都市や町、村では1ヶ月間浸水が続きました。シンド地区で25万7000人が居住する都市Sajavalも完全に浸水しました。チームはパキスタン海軍との協力で作戦を開始、主要都市より5時間の距離にあり、洪水の被害を受けながらも1ヶ月間アクセスすることのできなかった村を目指しました。チームはボートを用いて浸水した村に到着し、捜索救助作戦を行いました。8月30日、チームはパキスタン海軍と共に21時間にわたって避難活動及び捜索救助作戦の指揮をとり、ここで9名の住民が救助されました。救助された9名の住民は後に安全な地域へ移動しました。

201091
チームは洪水被害の大きかった村Thathaに閉じ込められた住民がいるとの情報を受け、早朝にパキスタン海軍特殊部隊との作戦実行を決定しました。長時間にわたる徹底した捜索活動の後、Sajavalにある村Ramiso、Sumran、Jaffarabadにて何日間も救助の手の届かなかった住民12名がテント村へ避難することができました。

同時にチームは病院にて地元コミュニティに医療サービスの提供を続け、作戦2日目及び3日目で合計849人の患者の治療を行いました。

 

201092
わがチームはパキスタン海軍との最終捜索の後に捜索作戦を完了、現地にて入手した1週間分の食糧及び物資を1800人に配布しました。チームは現地におもちゃやキャンディも届け、450人の子供たちのリハビリテーション活動を継続しました。

 

201093
Tariq Majeed参謀部主任、Noman Bashir海軍司令官並びにパキスタン海軍将官らが病院を訪れ、作戦中にパキスタン海軍との協力で被災地にて1週間ボランティア活動を行っていたトルコチームに謝意を表明しました。

わがチームは5日間病院にて活動し、合計2867名の患者の治療を行いました。チームのとった統計によると、同地域で起こった病気のうち30%が皮膚感染及び怪我、25%が気道感染、20%が胃腸感染(下痢)、10%が貧血、15%がその他の病気によるものでした。

チームは現地に届けられた浄水機器の起動を行い、塩素タブレットを必要とする人々に提供するため海軍に届けました。これで作戦は9月4日に完了し、チームは9月5日にイスタンブルへ帰還しました。

感謝
GEAパキスタン洪水作戦にご援助くださった組織

AFAD – トルコ首相府災害非常事態管理庁
パキスタン総領事館
3M
Airport Otel- BTA Catering
Anadolu銀行職員
Anadolu Sağlık Merkezi
Berkfarma
Bilim İlaç
Eskişehir Anadolu病院
Esli Su Arıtma Cihazları
Fako Aktavis
Galata Marine
Grup Deltalar
Güderoğlu Tarım
İdeal Çevre Tekn. Su arıtma San.
Mavi Jeans
Medya Takip Merkezi
Mehmet Atmaca
Merkez Laboratuarı
Meydan Av
Mobilkom
Novartis
Novotel Motorola
P&G
Selçuk Ecza Deposu
TAV
Tesa
THY
Thuraya-Teknomobil
TNT
Yeni Recordati
Yılman Market